クリエーターマーケット(UGC:ユーザー生成コンテンツ)

結局のところ、クリエーターが物語を作るのです。
Suzuverseにおいて、
-クリエーターは自由にワンコやワンコ用アイテムをNFTとして作成して、アプリ内ストアで販売できます。
-ユーザーはそれらのアイテムを$SGTで購入できます。
-売り上げの50%がクリエーターの取り分となります。10%はストア手数料、40%はエコシステム基金として運用されます。
-クリエーターが作成したワンコをSuzuverseでそのまま使用する場合には、通常ワンコレベルの登録費用が必要です。登録費用の50%はエコシステム基金として運用されます。