Comment on page

フロントエンド

MVP版
MVP(初期)版では、デジタルアイテムアクセサリーは2Dで表示されます。
Unity
MVPのリリース後、デジタルアイテムアクセサリーはUNITYにおいて高品質3Dモデルで作成されます。モデルのメッシュやリグはオフチェーンに保存されますので、容易に拡張でき、認証コストも低減できます。また保存にかかるコストを低減させるためIPFSで低解像度のアバターやアクセサリーを保存することを検討しています。
デジタルアイテムのメタデータはオンチェーン上で保存され、UNITYで開発された3Dモデルのデジタルアイテムがゲームで使用される可能性があります。